Webライティングにおいて重要なのは、「文章表現力/コピー作成力」だけではありません

そのため、「文章を書くのに自信がある!」という方でも、いざブログ運営などを始めると、意外にもアクセスが集まらなくてブログの運営に挫折してしまったというパターンは多くあります。

一方で、「文章力には自信がない」という方でも、1日に何千、何万アクセスを集める記事を書けることもよくあります。なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

本記事では、Webライティング初心者の方に向けて、SEOを意識したWebライティングの基本について解説していきます。

Webライティングを構成する基本要素

Webライティングにおいて重要なのは、「文章表現力/コピー作成力」だけではないと前述しました。本記事では、Webライティングを構成する要素は主に以下の5つであると定義します。

  • 企画力
  • 情報収集力
  • 構成力
  • コピー作成力・表現力
  • 編集・校正力

それぞれの要素を意識しながらライティングをすることで、アクセスが集まったり、問い合わせ・売り上げ増加につながる記事作成が可能になります。以下、記事の作成順序に沿って、Webライティングの5つの基本要素について解説していきます。

企画力

「どんな内容の文章・記事を書くのか」を考える力が企画力です。SEOを意識したWebライティングにおいては、対策を行う検索キーワードを選定する段階にあたります。

そもそも、Webライティングの基本的な目的は「Webコンテンツを読んだユーザーの、なんらかの行動(お問い合わせ・購入・来店予約など)を喚起すること」にあります。

そのため、「どんなキーワードで記事を作成すれば目的達成ができるのか」を考える力は非常に重要です。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使用しているユーザーが、どんなキーワードで検索を行っているのかを想定し、ユーザーの検索意図を深堀りしていくことで、作成する記事の企画案を練り上げましょう。
検索意図とは、ユーザーが特定のキーワードを検索する際に考えている思惑や目的(意図)のことを指します。

情報収集力

対策するキーワードで検索しているユーザーが、どんな情報を求めているのかをリサーチする力もSEOに強いWebライティングに必要な要素です。

まずは、対策する検索キーワードの上位サイトをしっかり読み込むことから始めましょう

検索上位に表示されているWebサイトは基本的に、検索エンジンが「ユーザーの疑問や要望を解決するのに有益である」と判断している順番に表示されています。

そのため、検索上位のコンテンツを分析することは、「キーワードに内在するニーズ・意図・目的」を分析することに非常に役立ちます。

もちろん、他サイトに書いてある情報だけで文章を作っても、他のサイトの類似コンテンツと認識されてしまい評価が上がりにくくなることもしばしばあります。ユーザーの検索意図を満たしつつ、オリジナリティあふれるコンテンツを追求しましょう

構成力

集めた情報をユーザーにとってわかりやすく、説得力のあるように組み立てる力が構成力です。

情報の取捨選択を行い、ユーザーに必要な部分だけに情報を絞りながらもニーズを網羅していくことがSEOを意識したライティングには必要になってきます。

どのような情報を記事の中に含めるかを決める際には、GoogleやYahoo!のサジェストキーワードや関連キーワードを参考にするのもおすすめです。

サジェストキーワードや関連キーワードとは、GoogleやYahoo!で検索を行った際に、検索エンジンが自動で表示する上記のような関連キーワード群のことです。

サジェストキーワードには、実際に検索ユーザーが検索していると考えられるキーワードが表示されるため、「ユーザーが知りたいと思っていることが何なのか」を把握するのに大きく役立ちます。

コピー作成力・表現力

収集した情報をどのように組み立てるのかを決定したら、実際に手を動かしながら文章を書いていきます。

一般的に、多くの方が「文章力」と考えている部分が「コピー作成力/表現力」になります。

Webライティングは、小説やエッセイとは目的が異なるため、情緒的な文章を書いたり、面白おかしく文章を書いたりする必要性は、他の媒体よりも低いと考えられます。

しかし、「思わず読みたくなるようなタイトルや見出し」、「ユーザーの行動を喚起するような文章」を書くことができれば、Webライティングの本来の目的である、「Webコンテンツを読んだユーザーがなんらかの行動を起こすこと(お問い合わせや購入・来店予約など)」に大きく寄与するため、「コピー作成力/表現力」を鍛えることも非常に重要です。

編集・校正力

作成した文章を、間違いやミスがないように整えるのが「編集・校正力」です。

シンプルな誤字脱字チェックだけでなく、ファクトチェック(使用する情報やデータに間違いがないか)や表示崩れがないかを様々なデバイスでチェックすることも「編集・校正」の工程でおこないます。

紙媒体の記事とWebライティングで大きく異なる点の1つが、デバイスによって記事の表示のされ方が変わることです。

文章を適度に改行したり、画像を適度に挿入したりなど、どんなデバイスで読んでも読みやすい記事を作成することも、SEOに強い記事作成のためには重要です。

まとめ:ユーザーファーストを意識したWebライティングを心がけよう

今回は、SEOを意識したWebライティングにおいて重要な要素を5つの基本要素をご紹介しましたが、すべてにおいて共通しているのは、「ユーザーを意識したコンテンツであるか」ということです。

どんな文章を書くとしても必ず画面の向こう側にはユーザーがいるため、そのユーザーのためになる文章を書くことが、Webライティングで成果を出すための正攻法にして最大の近道です。

検索エンジンの性質を理解しながら、その裏側にあるユーザーの検索意図を汲み取ったユーザーファーストのコンテンツ制作を心がけていきましょう。