世界に発信するフリースタイルでエンターテイメントなブログです。

index>ブログ>Four Seriously Emotion

一覧非表示
2019.02.08

Four Seriously Emotion

bana-

 

 

 

怪しげなビルが立ち並ぶ錦の町。

その路地裏に、知る人ぞ知る、

神のお告げが受けられるという相談所があった。

 

 

 

今宵も悩めるこじらせ女子4人が、

暗ぁい路地裏へと吸い込まれてゆく。

 

四人名前アリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【人間関係の神:ZOELの部屋】

 

 

 

早速、薄汚い宇宙人女子がやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「バンワンコ~~~↓↓↓」

「私 地球デ シュウショクカツドウ ヲ シテイマス。」

「キャタ地蔵 ト 申シマス。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇宙女子2

 

「ア…アノ…」

 

「ニンゲンヘノ 正シイ 挨拶ノシカタ ヲ

教エテクダサイマセンカ…。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピカーン

 

 

 

 

 

 

その瞬間、

まばゆい光があたりを照らし、

天上から力強い声が聞こえてきた。

 

 

 

 

 

 

 

ZOEL「まあ!なんてみすぼらしい宇宙人なの!!」

ZOEL「何かとマナーの多い人間社会に大根おろしのように神経をすり減らされたのね~!」

ZOEL「哀れな宇宙人のために、人間界での生き抜き方を私が教えてあげましょう!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kamikourin4

 

 

 

 

神、ZOELだ。

 

凛とした瞳に正義への強い思いを湛え、

 

その手には彼女の上司、NICOLASを携えている。

 

 

 

 

 

 

 

ZOEL「いい?宇宙人!よく見ていてね!」

ああ

あ あ

ZOEL「まずね、ハゲ上司にはこうするの!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

zoe_mabusi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ウワア~楽シソウデスネ!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ZOEL「筋肉バカにはこうするのがいいわ!」

(*引き続きハゲ上司でお送りします。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

zoe_pan

 

 

 

 

 

 

 

ZOEL「相手への敬意が挨拶の基本よ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女神の屈託のない太陽のような笑顔に、

宇宙人の心は救われたようだ。

 

 

 

 

 

 

「ナルホド!相手ノ『チャームポイント』ヲ

褒メレバ イインデスネ!!!」

 

「ナントカ 地球デ 内定ガ 取レソウダ!

ニンゲン チョロイ!」

 

 

 

 

 

宇宙人は人間としてのマナーを身に付け、満足そうだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【髪様:NICOLASとHATTORIUMの部屋】

 

 

 

 

 

 

 

kami_chiba

 

 

 

悲痛な叫び声と共に、

頭を抱えたこじらせ女子が飛びこんできた。

 

 

「髪が多くてしんどい!!梳いても梳いても朝は爆発!!

枕は毛だらけ!!!!」

 

 

「もう無理辛いなんとかして!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピッカーン3


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然、

燦然と輝く朝日のような光が彼女の黒く豊かな髪を照らした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kamikourin5

 

 

「か、髪様…!」

 

 

(てか、『かみ』の部屋ってそっちかよ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想像と違う神の姿に若干戸惑う彼女であったが、

心の中でかぶりを振り、必死に祈りに専念することにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「髪様、悩める私をお救いください…!

その光で私を解放へとお導きください…!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、髪様のお告げが始まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kami_kenka

 

 

NICOLAS「えーズバリ、カットの技術が問題ですね。」

HATTORIUM「いや、お前のはハゲのせいな。」

NICOLAS「私の場合2回ハサミを入れるだけで、ほらあっという間にデコ広カットの完成!」

HATTORIUM「いや、それは自然となるやつな。」

kami_kenka2

NICOLAS「物足りない時はもう少しライン(生え際)あげてもらっていいですか?とお願いしてます。」

HATTORIUM「己のディスティニーに大人しく身を委ねろや。」

あ 

N「おいおいさっきからブツブツうるせえよ!毛無っしーか?ブッシャ―か?」

 あ

H「そっちこそ何がデコ広カットだ。広さを褒められるのは土地と器だけじゃ引き潮ハゲ!デコでアサリでも掘ってろ!」

 

N「さり毛ないこだわりが男を上げるんじゃ!お前こそ『元々デコ広いですぅ~。そういう髪型ですぅ~。』みたいな顔してんじゃねえ!!包み隠そうとすんな!!!隠せる毛もねえけどな!!!」

 あ

H「うるせえ!男と一緒に生え際まで上がってきてんぞ!!!誰がお前の広がるホライズン見て喜ぶんじゃ!頭部に果てしないロマン求めてんじゃねえ!!大航海時代かよ!!!『この世のすべてを置いてきた。』どころか毛の一本もねえじゃねーか!!!」

 

 

 

kami_kenka3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハゲじゃねーか

 

 

 

 

 

 

 

聞くに堪えなくなったこじらせ女子はそう叫び、

髪様に背を向けた。

 

1つに縛った緑の黒髪が揺れる。

 

それは、彼女の悩みと、髪様への、

決別の気持ちの表れであった。

 

 

 

持てる者は持てることを、持たざる者は持たざることを厭う。

 

人間の悩みと言うものは結局、

単なる無いものねだりなのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 恋の神:ISSYの部屋】

 

 

「あ~あ❤困っちゃ~う❤」

 

mote_

 

「ラブラブすぎてどうしよ~う❤」

 

 

 

 

 

うきうきの彼女の悩みは、

「彼氏がぁ、四六時中べったりくっついてきてぇ、困るぅ❤」

というものである。

 

 

彼氏との付き合い方についての教えを

恋愛の神に乞いに来たようだ。

(ただの惚気自慢のような気もしなくもないが…。)

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、

「待っていました!」

とばかりに恋愛の神が飛び出してくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kamikourin6

 

 

 

「あっ❤神さm…」

 

 

 

 

 

ISSY「ね~~~~え~~~なにそれ悩みなの??

   それともただの自慢なの???」

ISSY「君みたいなかわいい彼女がいたら

   ベタベタしたいに決まってるじゃん!

   ずぅぅぅっと触っていたいし最早一生離さないよね

あ 

   まあでも、どーーーーしても離れてほしい時は、

   メイド服とかナース服とか着てくれたら遠ざかるかなあ。

   カメラ片手にね。へへっ

   じっくり全身を拝みたいからね~。

   これは経験ありだから効果は保証するよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

こじらせ女子は若干引いているが、

神の話は止まる気配を見せない。

 

 

 

 

 

ISSY「くっつくから離れたくなる、

離れるからくっつきたくなる!

別々なことをしちゃうからどうしようってなるだけ!

くっついてくるなら自分もくっついちゃえば気にならないよ!

てゆーか

俺だってくっついてくる甘えん坊な彼女が欲しいよ!?

誰か紹介してくれない???

可愛くて優しくて若くて

ちょっぴりセクシーな女の子!!!

もちろん大学生もばっちり守備範囲❤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ishi_dokushin

 

 

 

 

 

 

「えっ…シンプルにきもいわ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学生の彼女はそう吐き捨て、足早に部屋をあとにした。

 

ishi_ga-n

神は死んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【モテ神:ERIUMとMAJAELの部屋】

 

 

「もう誰も信じられない…。誰か私を救って…。」

 

 

陰鬱な雰囲気の漂う、明らかにこじらせている女子がやってきた。

 

yami_

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ERIUM&MAJAEL

「「やだ暗ぁい。何があったの~?」」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しい二人の女神が降り立つ。

kamikourin3

 

 

 

その姿は、春を告げるそよ風のように優しく、

冬先の色づき始めた林檎のように妖艶であった。

 

 

 

 

美しい女神二人に挟まれたこじらせ女子は、

過去の浮気に苦しむ胸中を語る。

 

 

 

それを慰める女神たちの鈴を転がすかのような声が耳に心地良い。

 

 

yami_hagemasi

 

 

ERIUM「あら、二回も浮気されちゃったの?

    きっと何か問題があったはずよ。」

MAJAEL「まあ、誰も信じられなくなるのも無理はないわね。

     『〇〇君のために、いっぱい努力するね✨』

     ってひたむきに素朴にしていると

     大事にされるはずよ…。」 あ

ERIUM「『大事にされる』のを待っていちゃだめよ。

    まずはあなたが彼の事を大事にしてあげないと!

    努力が足りないのよ。」

 あ

MAJAEL「いいえ、そんなことないわ。

     高校時代、抜群にモテていた私の言う事だから

     間違いないわ。

     私を信じて。」

 あ

ERIUM「なんですって!

    私が高校生の頃なんて、

    校門をくぐるたびに可愛さで拍手喝采だったわよ。

    私の言う事に素直に従うのが自分の為よ!」

 

 

yami_kenka

 

 

女神たちは醜い言い争いを始めた。

 

 

 

 

 

 

こじらせ女子の肩身はどんどん狭くなる。

 

 

 

 

 

 

 

yami_sogai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

yami_kenka2

 

E&M 

moteshin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女神達の銅鑼のような怒声が相談所中に響き渡る。

 

刹那、

 

古ぼけた相談所の壁が、柱が、天井が、

 

音を立てて崩れ始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逃げろー2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

崩れ落ちた相談所の瓦礫の前に、

四人のこじらせ女子が座り込んでいる。

 

彼女らの悩みが解決したのかどうかは定かでない。

 

しかしその表情には一点の曇りもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相談所はもうない。

 

しかし、彼女たちには、もう必要もないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

waaaa

 

 

 

 

 

 

 

 

四人はこの言葉を胸に、それぞれの道を歩んでいく。

 

 

saigo

 

 

 

~完~